【Mac】Golangのインストール・セットアップ方法

環境

  • windows10
  • DockerDesktop for Win 3.5.x
  • go 1.17.3
  • VsCode
  • gitbash 2.32.0.1

設定手順

golangのインストール

公式からダウンロード&インストーラーでgolangをインストール

Downloads - The Go Programming Language

vscodeでgoの拡張機能をインストール

パスを通す

vi ~/.zshrc

GOPATHは、Goのワークスペースを指定する環境変数で、{$HOME}/go がデフォルトになっています。その中にプロジェクトを作成していく必要があります。

export GOPATH=$HOME/go
export PATH=$PATH:$GOPATH/bin

変更を保存

source ~/.zshrc

goのソースファイルを作成する

cd $GOPATH/src

goファイルを作成する

touch Greeting.go && vi Greeting.go

エントリポイントとなる Go プログラムは、main パッケージとして作成し、main 関数を含んでいる必要があります

package main

import "fmt"

func main() {
  fmt.Printf("hello, world\n")
}

実行

Go 言語はコンパイル型の言語ですが、 go run コマンドを使用すると、ソースコードファイルを指定してそのまま実行することができます

以下を実行し、hello,worldと出力できれば成功です

go run Greeting.go

コンパイルして実行する場合は以下

go build Greeting.go
./Greeting

フレームワークを使用する

Gin(ジン)を使用する

GitHub - gin-gonic/gin: Gin is a HTTP web framework written in Go (Golang). It features a Martini-like API with much better performance -- up to 40 times faster. If you need smashing performance, get yourself some Gin.
Gin is a HTTP web framework written in Go (Golang). It features a Martini-like API with much better performance -- up to 40 times faster. If you need smashing p...
go get -u github.com/gin-gonic/gin

githubのQuick startを参考に色々importする

import (
"net/http"

"github.com/gin-gonic/gin"
)

func main() {
  r := gin.Default()
  r.GET("/", func(c *gin.Context) {
    c.JSON(http.StatusOK, gin.H{
      "message": "Hello world",
    })
  })
  r.Run() // listen and serve on 0.0.0.0:8080 (for windows "localhost:8080")
}

ソースコードを実行

go run Greeting.go

localhost:8080にアクセスするとjson形式でメッセージが返却される

コメント

タイトルとURLをコピーしました