基本的なGithub開発フロー(ポートフォリオ作成時にもオススメ)

■自分がいるブランチを確認

git branch

■作業ディレクトリでの現在の状態を表示する
作業途中の内容が残っていないかどうか

git status

■git statusで作業途中のタスクがないことを確認して、リモートから最新の情報を引っ張ってくる
他のメンバーの作業内容を自分のローカルに落として最新の状態にする

※pullすると、「今自分がいるブランチにpullしてきたブランチの内容が統合される」ので注意

git pull origin main

■開発ブランチ(ローカル)作成して移動
git branch <ブランチ名> && git checkout <ブランチ名>と同じ

git checkout -b <ブランチ名>

〜ローカルで開発〜

■開発後、コミットしてリモートの開発ブランチにpush

git add . && git commit -v
git push origin dev

■プルリクエスト&mainブランチにマージ&リモートのdevブランチを削除(github上で操作)

■mainブランチに戻る

git checkout main

■リモートのmainブランチから最新のコードをpull

git pull origin main

git pull origin main は git fetch origin main と git merge origin/main を一度に行う方法

※fetchだけだとローカルリポジトリ(リモートと繋がっている)に落とすだけで、ワークツリーには影響しない。(ローカルのremotes/リモート/ブランチ)に保存される

■ローカルのdevブランチを削除して綺麗にする

git branch -d dev.

コメント

タイトルとURLをコピーしました