【Windows】AWS CLIのセットアップ手順

環境

  • windows10
  • gitbash 2.32.0.1

設定手順

AWS CLIのインストーラーをダウンロード

こちらからダウンロードできます

Windows での AWS CLI バージョン 2 のインストール、更新、アンインストール - AWS Command Line Interface
このセクションでは、Windows で AWS CLI バージョン 2 をインストール、更新、削除する方法について説明します。

インストール

インストーラーを起動し、基本的には画面の通りクリックしていくだけ。

システム環境変数もしくは.bash_profile等に以下のパスを通しておく

/c/Program Files/Amazon/AWSCLIV2/aws

バージョンを確認する。以下のように出力がされればOK

aws --version
aws-cli/2.3.4 Python/3.8.8 Windows/10 exe/AMD64 prompt/off

各種設定

AWSのコンソールにサインインし、IAMの画面を開きます。

CLIでの操作に使用するIAMユーザーのアクセスキーIDとアクセスキーを控えます。

ターミナルで以下コマンドを実行

aws configure

先ほど控えた設定情報を順番に入力していきます。指定した情報はC:\Users\ユーザー名.awsフォルダ内に設定した情報がファイルで保存されます

AWS Access Key ID [None]:アクセスキーIDを入力
AWS Secret Access Key [None]:シークレットアクセスキーを入力
Default region name [None]:使用するリージョンを入力
※東京リージョンであればap-northeast-1を入力します。
Default output format [None]:"text","JSON","table"いずれかを入力

CLIが実際に使用できるかどうか確認するために、以下のコマンドでIAMユーザーの一覧を表示してみる

aws iam list-users

{
  "Users": [
    {
      "Path": "/",
      "UserName": "cli-test-user",
      "UserId": "ZZZZZZZZZZZZZZZ",
      "Arn": "arn:aws:iam::XXXXXXXXXX:user/cli-test-user",
      "CreateDate": "2021-11-06T11:40:59+00:00"
    }
  ]
}
以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました