XServerにssh接続する手順

XServerのSSH接続設定を有効化

XServerのサーバーパネルを開き、「SSH設定」をクリック

SSH設定で「ONにする」を選び、「設定する」を、クリック

公開鍵認証用鍵ペアのダウンロード

「公開鍵認証用鍵ペアの生成」タブをクリックし、パスフレーズ(後程SSHで接続する際に使用するパスワード)を設定して、確認画面へ進むをクリック

確認画面が開くので「生成する」をクリックすると、「{サーバーID}.key」という名前のファイルが自動ダウンロード

SSH接続

以下コマンドを実行すると、パスワードの入力を求められるので、サーバーパネルの「SSH設定」で設定したパスフレーズを入力しEnterすると、接続が完了します。

ssh -i {ダウンロードしたkeyのパス} {サーバーID}@{サーバー番号}.xserver.jp -p 10022
masayan
masayan

サーバーIDは、ダウンロードしたkeyのファイル名か、もしくはサーバーの契約情報から確認できます

masayan
masayan

サーバー番号はサーバーパネルから確認できます(svから始まる番号です)

接続は上記方法でも可能ですが、毎回接続の度にkeyのパスやサーバー番号を入力するのは手間なので以下のようにします。

configの接続情報を使用して接続する

ダウンロードしたキーを.sshに配置する

以下のコマンドで.sshのディレクトリを作成します(無ければ)

mkdir ~/.ssh

ダウンロードした秘密鍵のファイルを.sshディレクトリに移動します

masayan
masayan

識別しやすいようにkeyの名前を変更することをお勧めします

mv ~/Downloads/{サーバーID}.key ~/.ssh/

「.ssh」ディレクトリにconfigファイルを作成

ssh接続の設定ファイルを作成します。

vi ~/.ssh/config

configに以下の情報を記述し保存。

Host xserver
HostName {サーバー番号}.xserver.jp
Port 10022
User {サーバーID}
IdentityFile ~/.ssh/{サーバーID}.key
ServerAliveInterval 60

アクセス権限を変更

chmod 700 ~/.ssh
chmod 600 ~/.ssh/{サーバーID}.key
masayan
masayan

このようにconfigに設定しておくことで、ターミナルで

ssh xserverとコマンドを打って、パスフレーズを入力するだけでログインできます。

以上です。

タイトルとURLをコピーしました