Macのターミナル(zsh)をおしゃれに装飾する

環境

  • macOS Monterey 12.0.1

イメージ

Oh My Zshをインストールすることで、簡単に装飾可能です

masayan
masayan

Oh My Zshはzshのコマンドラインを装飾してくれるツールです

手順

homebrewをインストールしておくこと

iterm2のインストール

brew install --cask iterm2

※gitがインストールされていること

Oh My Zsh のインストール

sh -c "$(curl -fsSL https://raw.github.com/ohmyzsh/ohmyzsh/master/tools/install.sh)"

自分の好きなテーマを選ぶ

Themes
🙃 A delightful community-driven (with 2,100+ contributors) framework for managing your zsh configuration. Includes 300+ optional plugins (rails, git, macOS, h...

テーマをインストール

今回は、PowerLevel10Kを選択

git clone https://github.com/romkatv/powerlevel10k.git $ZSH_CUSTOM/themes/powerlevel10k

.zshrcにテーマの設定を追加

インストールが完了したら、~/.zshrcファイルを開き、「ZSH_THEME」の値を変更

ZSH_THEME="powerlevel10k/powerlevel10k"

再読み込み

source ~/.zshrc

テーマの設定画面が表示されるので順番に選択していく(基本的にはrecommendがあればそれに従う)

フォントのインストール

アイコンが文字化けしている場合はテーマの設定画面で指定したフォントがない可能性が高いので、別途フォントをダウンロードする(ダウンロードしたファイルはMacなら/Users/username/Library/Fontsに配置)

MesloLGM Nerd Fontであれば以下

https://github.com/ryanoasis/nerd-fonts/blob/master/patched-fonts/Meslo/M/Regular/complete/Meslo%20LG%20M%20Regular%20Nerd%20Font%20Complete.ttf
ダウンロードできたら、itermの設定画面を開き、TextのFontの箇所を上記のフォントを指定する

vscodeへの設定

以下のように、setting.jsonにfontFamilyの設定があるので、こちらに指定するだけでOK

setting.json
"terminal.integrated.fontFamily":"MesloLGM Nerd Font",

元々のzshrcと共存させる

oh-my-zshをインストールすると新しく.zshrcが作成され、既存の.zshrcは.zshrc.pre-oh-my-zshという名前でバックアップがとられます

oh-my-zshで作成される.zshrcを既存の.zshrcから読み込ませることでかっこいいテーマを使いつつ、元々設定していたエイリアスなどを使うことができます。

# oh-my-zshで作成されたzshrcをリネーム 
$ mv ~/.zshrc ~/.oh-my-zshrc 

# バックアップされた既存のzshrcをzshrcに戻す 
$ mv ~/.zshrc.pre-oh-my-zsh ~/.zshrc

以下を追記

.zshrc

# oh-my-zshの内容を取り込むため、.oh-my-zshrcを.zshrcから読み込む
source ~/.oh-my-zshrc
タイトルとURLをコピーしました